原付を査定で高く売る方法と必要な物やこと

原付を売るには?

原付を売るにはいくつかの方法がありますが、大きく分けて2種類です。

 

バイクショップや買取業者に売る
個人売買で売る

 

バイク屋や買取業者に売る方法が一般的ですが、原付は売り値が安く、業者に売るよりも個人間で売ってしまった方が得だと考える人も多くいます。

 

どちらが優れているという事は有りませんが、安全面や手間を考えたら業者に売る方法が良いとされています。

 

このサイトでは原付を売る方法を様々な角度から考察します。
また、原付に関しての色々な情報を記載していきます。

 

原付を売る為に必要な物

 

バイク本体・車体
標識交通証明書または返納証明書(法定書類)
本人確認書類
委任状(原付を他人に売ってもらう場合必要)
譲渡証明書
認印

 

 

原付をバイク屋や買取業者に売る場合には原付本体と法定書類があれば売る事が可能です。
家族や友人などに売却を依頼する場合には委任状を用意しましょう。
委任状はインターネットから書式をダウンロードする等して入手します。

 

個人売買では譲渡証明書は各自で用意しなくてはいけません。
基本的に個人間の取引は自己責任です、準備をしっかり整えてトラブルを起こさぬように注意を払い行動を起こしましょう。

 

 

原付を売る方法、手順や流れ

 

バイクショップや買取業者に原付を売る場合

バイク王や有名な買取業者であれば事前に必要な物と当日の流れを説明してくれます。
業者に原付を売る際には、まず査定を受け、原付の価値を買取金額として算出されます。
その金額に問題が無ければ業者に原付を売却するという流れになります。

 

個人経営のバイクショップなどでなければ自宅まで無料で出張査定、買取に来てくれる業者がほとんどです。
あらかじめ査定を受けれる都合の良い日程を決めておきましょう。

 

算出された査定額でOKなら、その場で商談成立という事で、原付の車体を引き取ってくれます。
買取金額が大きい場合には、後日指定の口座に入金、金額が小さな場合にはその場で手渡しという場合が多いでしょう。

 

業者に原付を売る流れ

1.バイクショップや買取業者に連絡を入れる(インターネット申し込みまたは電話連絡)

 

2.買取査定の実地、査定金額の算出

 

3.原付の引き取り、買取金額の入金

 

 

個人売買で原付を売る流れ

個人売買などの個人間での取引はすべて自己責任となります。
自身のない方や知識のない方、意思表示をはっきりとできない方は無理せずに業者に原付を売りましょう。

 

原付を個人売買で売る流れ

1.取引相手との価格の決定や取引の取り決め

 

2.原付の抹消登録または名義変更

 

3.原付の車両の引き渡し、と代金の受け取り

 

上記の流れはあくまでも一例です。

 

個人売買は細かい決めごとは各自で決定する必要があります。
自らの意志表示を行い、取引をスムーズに行えるように対処する行動力が必要となります。
相手の都合や指示ばかり、相手任せにしないようにしましょう。

 

重要
個人売買で非常に重要な事は、抹消登録をしないまま名義変更を相手任せにしない事です。
名義を変更されずに車両を引き渡し、そのまま乗り回されれる危険性が有るためです。

 

自分自身で名義変更を行うならば良いですが、名義変更を相手にさせる場合には必ず原付の抹消登録を行い、ナンバープレートの返納をしてから車両を引き渡しましょう。

 

 

原付を高く売る方法

 

原付を高く売る方法はいくつもありますが、ここでは買取業者に原付を売る場合とインターネットオークションを使った個人売買で売る場合を記載します。

 

業者に原付を売る場合の3つのポイント

 

1.適切な買取業者選び

原付の買取に強い業者やバイクショップを探し、売却する事です。
買取業者は得意の分野、苦手な分野があり、原付の買取を好ましく思う業者とそうではない業者に分かれます。
特定のメーカーのバイクの買取が得意だったり、外国車が得意だったり、旧車が得意だったりという事もあります。
原付の買取に強い業者を見つけるには数多く査定を受ける事、これが重要です。

 

当然、手間がかかりますので原付を売る人の許す範囲で多くの業者から査定を受けてみましょう。
その中で最も高く原付の査定額を提示した業者に売ることをお勧めします。
忙しい場合でも、最低でも2〜3社程度から査定を受けてみましょう。
買取業者により、買取価格が違う事が実感できます。

 

 

2.査定で原付の評価を上げる努力

買取査定では原付の状態や消耗度をチェックされます。
傷んでる原付や故障している原付は査定額が下がります。
また、汚れが酷い原付も同様です。
査定前には簡単で良いので洗車を行いましょう。

 

車両を改造している場合には純性パーツを出しておきましょう。
純性パーツの有り無しでも査定価格は変化しますのでご注意ください。

 

 

3.価格交渉を行う

原付の買取業者も利益を確保しようとします。
安く買取、高く売る事が理想としていますので、査定の提示金額は最初は安めに言ってきます。
必ず価格の交渉を行いましょう。
最低でも最初の提示金額は断り、もっと高くならないか発信しましょう。
価格の交渉には買取の相場を把握する事も重要です。
事前に自分の原付がどの位の金額で売れているのかを調べておきましょう。

 

 

 

個人売買で原付を高く売る方法(インターネットオークションのコツ)

 

個人売買では価格の取り決めは自由です。
買取相場は関係なく、当人同時で納得のできる価格ならばいくらでも良いでしょう。
ここでは個人売買でよく使用されるオークションを使って高く売る方法を記載します。

 

オークションの期間を長く取る

オークションを使用して原付を売る際に、出来るだけ多くの人に出品した原付を見てもらう必要があります。
オークション期間を1日〜2日程度の短い期間にした場合、多くの人に原付を出品している事を知られずに終了となってしまいます。
できるだけ長くオークション期間を取りましょう。
1週間程度がベストといえます。

 

 

オークション終了の曜日と時間を調節する

オークションに多くの人が参加出来るように、休みの前日の夜にオークションが終わるように調整しましょう。
オークション終了間際が最も入札が多くなるため、金曜の夜22時くらいに設定する事がお勧めです。
平日の昼などにオークション終了を設定すると、全然入札が無く終わってしまし、安い金額で落札される可能性があります。

 

 

オークションをボーナス時期に行う

夏季のボーナスシーズンはバイクのハイシーズンであり、金銭的にも余裕がある人が多くいます。
多少金額設定が高くても、入札が多くなり落札代金が上がっても、原付を買おうとする人が増えます。
この夏季のボーナスシーズンの狙って原付を売る事が出来たら高額に売却できる可能性が大きくなります。

 

原付の売却シーズンも考え、売る事ができるのであれば非常に高く売る事が出来るでしょう。

 

その他

 

原付の相場を把握する事も非常に重要です。
相場の把握する方法は以下のサイトから知る事が出来ます(PR姉妹サイト、原付買取.net)
原付 買取 相場