原付の日常と普段使いの実用性

譲り受けた原付

私はちょうど1年前から、祖母が使っている原付バイクに乗れるようになりました。免許は大分前から持っていたのですが、職場が家から近いために車は持っていなかったのです。

 

長年ペーパードライバーでしたが、良い大人にもなって行動範囲が自転車だと中学生と変わらないということや、どこかに行くにも公共交通機関を使わなければならないのはいちいちお金がかかって損をした気分になることからバイクに乗ろうと考えたのです。

 

ちょっとした荷物も持っていけますしね。

 

バイクを習得したメリットはやはりあり、重い荷物でもお尻の下に入れられるので、自転車と違って前かごがふらつかなく安全だということです。

 

また、何といっても風を切って走るのが気持ちいい!

 

これは予想だにしていなかったことで、音が怖いというところから始まった私にしてみれば爽快、というものでした。
油断するとスピードを出しすぎてしまうので毎回注意をする必要はありますが。

 

しかし、デメリットもありました。それは車と比べてしまうことで起こるものですね。

 

まず、冬になると耳がちぎれそうなほど寒いという点です。乗るまではそんなこと考えずに出かけたのですが、自転車の比ではなかったことを思い知らされました。

 

また、車と違って屋根がないため、天気の悪い日には自転車と同じく出かけるのを控えてしまうということです。雨の日はの休日は退屈だからショッピングにでも行きたいと思うのですが、行けないもどかしさがあります。

 

そして、車と一緒に走るにも関わらず、スピードが出せないので車がすぐそばを走り抜けていくのには少し恐怖がありますね。

 

原付専用のレーンがあればいいのにと思います。または車と同じくらいのスピードが出したいと思うので、お金があったら大きなバイクに乗りたいかもと思いました。

 

しかし、全体を通してみれば、今まで自転車族だった私からしてみれば体力を消耗することなく遠くまで行けるようになったのは嬉しいことです。

 

運動不足にならないよう気をつけられればとても便利ですね。

 

原付 買取 相場