原付 ローン 売却

ローンの残債が残る原付の扱い

バイクや原付を売却する時には、基本的に「ローン残債が無い状態」にする必要があります。
もっとも、残債がある状態でも問題なく売ることは出来ますが、その場合は一つ絶対条件があります。それは、「売却金額で残債を解消する」ということです。

 

残債があるバイクは、基本的に「ローン会社名義」になっています。
つまり、所有権は持ち主ではなくローン会社にあり、あくまでも使用する権利を持つ「使用者」として認められているだけに過ぎません。
よって、バイクの処分に関する裁量権は無い状態となる為、名義を自分に変更することが必要です。

 

通常、完済後に名義変更を行って自分名義になりますが、返済途中で売却する場合には「完済後に名義変更をしてから売る」、もしくは「売ったお金で残債を一括返済する」と言うことが出来なければ、権利者の同意を得ることが出来ません。
ただし、契約条件などによってはローン契約中でも本人名義になっている場合があったり、残債がある状態でも名義者が売却を認めてくれる場合もあります。
いずれにしても、まずは名義者に対して相談をしてみてから対応方法を検討するようにしましょう。

 

売却が可能な状態になった場合、まずは「買取業者選び」を行います。
特に細かな条件が無い場合には「大手買取業者」を選択しておくと安心感が高いですが、「高く売る」という希望を叶えるためには適切な買取業者を選ぶことが重要です。
買取業者はそれぞれに特徴があり、売ろうとしているバイクの状態や種類などによって選択基準が変わります。

 

買取業者選びの方法は「買取価格の期待度」を重視するのが一般的ですが、判断基準となるのは「買取実績や実際の査定結果」となります。
面倒でも実際に査定を受けてみて結果を判断するのが一番確実な方法ですが、手当たり次第に査定を受けるのは効率が悪いので、ある程度の「期待値」を持って査定を依頼する買取業者を選別しておくと効率が圧倒的に良くなります。

関連ページ

原付を査定で売る時のコツと中型や大型のバイクとの売却時の違い
原付は中型バイクや大型バイクと比較した際に、売却時にはどのような違いが出るのでしょうか? 原付の買取査定のコツと通常のバイクとの違いを記載していきます。
バイクの一括査定とは何?メリットとデメリット
バイクを売る方法の一つとして、一括査定という方法があります。 これは一度の情報入力で、複数の買取業者に査定を依頼する方法です。 その詳細を説明します。