自賠責保険とは?任意保険との違いは??

自賠責保険と任意保険の必要性

バイクの自賠責保険とは法令で定められた保険で、購入時に必ず加入することが義務づけられています。

 

自動車でも同様に定められており、契約を回避したり解約するといった方法のない強制保険です。

 

車検時に加入することになるため、車検の必要な250cc以上のバイクで強制加入となりますが、250cc未満の場合は車検がないため自分で加入手続きをしなければいけなくなります。

 

強制加入ですが保険として機能しているので、任意保険などいらないのではと思われがちですが、実は自賠責保険で保証される部分は極めて少ないのが特徴です。
まず、事故によって相手に怪我をさせた場合は支払限度額120万円まで、後遺障害による問題は等級によりますが、最高でも4,000万円までとなります。

 

万が一でも相手を死亡させてしまった場合は限度額3,000万円までが支払われますが、問題は相手側に対しての保証のみで、事故によってバイクを故障させても修理費用が一切支払われない点が大きいです。

 

自賠責保険は必要最低限の保険であり、事故による相手への保証のみとなっているため、自分が怪我をしたりバイクが故障した部分の修理には実費での支払いになってしまうのが大きなデメリットとなっています。

 

対する任意保険は強制加入ではないため、好きな保証会社を選択することができ、料金やプランを自由に選択できます。その中には事故によって負う自身の怪我も保証され、バイクの修理でも一部の保証が付加されるようになっています。

 

保証の上限などによって保険料は高額になりますが、万が一の保証としては大きなメリットを持っているのが任意保険となります。自分なら大丈夫と過信して保険に加入せず、自賠責保険のみでバイクに乗る人がいるかもしれませんが、事故は自分だけでなく相手から接触するといった様々な状況で起こり得るものです。

 

そうした問題が起こると自賠責保険では対応できないので、万が一のために任意保険に加入しておくことは重要なことになります。